更新日2015/07/31 この記事は約 3 分で読めます。

人生を素敵に変える究極の睡眠記事まとめ【2014年版】

寝落ち

サクサク仕事をするために、プライベートも楽しむために、【睡眠】って、とーっても大切ですよね!

どうしてそんなに大切なのか?
そして、どうやったら良質の睡眠を取れるのか?

量なのか?質なのか?

明日、目覚めた私は、別人28号?!になれるかもしれない?
そんなステキな睡眠のためのノウハウ厳選5つ、取り揃えて見ました。

睡眠1

成功する人はやっている!睡眠前の5つの習慣

1.読書をする
2.翌日の予定を把握して準備する
3.外の世界とのつながりを切る
4.瞑想する
5.一日を振り返って良かったことをまとめる

寝る前に、いいことをやってけば、「よし!これで明日も大丈夫!」と精神的に落ち着き、
快眠に導かれること、請け合いですね!

箇条書きにしてみると、よくわかります&合点がいきます!
成功する人はやっている!睡眠前の5つの習慣

 

睡眠2

早く眠る方法7つ「時計を見ない」

1 ベッドから出る
2 リラクゼーションテクニックを試してみる
3 心配をやめる
4 時計を見ない
5 慎重に薬を使う
6 起きている間に、睡眠衛生を整える
7 医師に相談する

そうそう、寝られないとき、「今何時だろう?」って、ついつい時計を確かめてしまいますよね。

でも、「いつか必ず寝られる」と思うと、心配の度合いが少し減りますよ。

早く眠る方法7つ「時計を見ない」

 

睡眠3

【快適な睡眠のために。vol.9】寝る直前に5分間行うだけで、眠りの質が変わってくる“○○”

1:定期に運動する習慣を持つ
2:朝ごはんはしっかり、晩ごはんは軽めに
3:不快な音や光を防ぐ環境と、自分に合った寝具を選ぶ
4:寝る前に自分なりのリラックス法を持つ
5:毎日同じ時刻に起きるようにする

でも休みは、どうしてもゆっくり寝たいですよね。。

誘惑になかなか勝てません。

【快適な睡眠のために。vol.9】寝る直前に5分間行うだけで、眠りの質が変わってくる“○○”

 

睡眠4

短い時間でも良質な睡眠がとれる超シンプルなコツ10個

1:90分の倍数の睡眠時間を取る
2:寝る3時間前までに体を温める食べ物を摂る
3:午後4~8時に軽い運動をする
4:15分くらい昼寝をする
5:チェリージュースを飲む
6:寝る1時間前には電気を消す
7:寝る2時間前にはスマートフォンやパソコンから離れる
8:コットンやシルクの大きめパジャマを着る
9:寝る1時間前くらいにお風呂に入る
10:首や目を温めて体をリラックスさせる

ここでも、昼寝が大事だと出ていますね!

そして、暗くすることも大事だということです。

暗くすることで、メラトニンという「睡眠ホルモン」が分泌されます。

私も会社で昼寝は時たまします。
また、暗くするのが有効ということで、お風呂(寝る前に入ります)から上がったらスタンドの電気だけにするようにしています。
電子デバイスから離れるの、なかなか出来ませんが、善処しなくてはですよね!

短い時間でも良質な睡眠がとれる超シンプルなコツ10個

睡眠5

睡眠の“質”が悪いと最大で5歳も脳年齢が上がる?

良質な睡眠の欠如は記憶力や集中力を失う原因となり、将来的に認知力が低下するリスクが50%も高まることが判明。これは、年齢でいうと5歳年をとったのと同じことだという。

 

睡眠を取るときに、質まであまり考えたことありませんでした。

睡眠の“質”が悪いと最大で5歳も脳年齢が上がる?

まとめ

締め切りのある仕事をしている人は、そんな絵空事を並べられても、無理!と考えると思います。

でも、今すぐできなくても、知っておくことが大事です。

出来ることから始める事が大事!

できるところからやってみてください!

人生を素敵に変える究極の睡眠記事まとめ【2014年版】へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。