更新日2015/10/29 この記事は約 3 分で読めます。

サバイバル必至!これだけは覚えておきたい冬キャンプにおける夜の寒さ対策

a1380_000953

普通のキャンプじゃ物足りない!
キャンプに慣れ親しんできた人ほど、普通のキャンプでは飽き足らず、さらに刺激を求め、冬キャンプの計画などを模索したりするようです。
キャンプシーズンも終わりを告げ、サバイバル感満載の冬キャンプを待ちわびたベテランキャンパーも多く存在しているのは確か。

今日はベテランキャンパーのように、通常のキャンプが日常と化してしまい、よりエキサイティングな冬キャンプに赴こうかと検討している方もいることでしょう。

しかしちょっと待って欲しい。
冬キャンプ、舐めてませんか?

そんな冬キャンプ初心者のために、今日は冬キャンプの肝、夜間就寝時の寒さ対策やちょっとしたコツをご紹介しておきます。

冬キャンプ対策1.テントの設営場所

テントの設営場所は思いの外大事になってきます。ウッドデッキがあれば、その上に設営し、地面からの冷気から逃れるようにします。
ウッドデッキがない場合は段ボールやアルミマットや防熱マットを持参し、それらを出来るだけ多く重ねるようにします。

そしてテントの設営場所として、テントを覆ってくれる木の枝の下などに設置するだけでもだいぶ寒さの体感は違ってきます。
またテントはなるべく天井が低いものを選ぶと良いでしょう。
a0555_000074

冬キャンプ対策2.湯たんぽが無ければ焼き石を用意!

 
湯たんぽは冬キャンプに置いて非常に効果的。お湯を沸かしそれを注ぐだけで簡単に体を暖めてくれるものになるので頼もしい存在です。しかし、暖かさのあまり、抱き締めすぎて低温火傷を起こす方が多いのが難点。非常に危険なのでそれだけは避けたいところです。

湯たんぽを忘れてしまった場合やよりサバイバル感を味わいたい方は、焚火している間に大き目の石を長時間焼いておくのも良いでしょう。
それをタオルに包んでテント内に持ち込み足元に置いておくだけでも末端が温められます。その際はくれぐれも火傷には注意してください。熱さでテントが溶けて破けることもあるので注意しましょう。

冬キャンプ対策3.寝袋選び

寝袋が非常に重要になってきます。出来るだけ、封筒型の寝袋ではなく、マミータイプの頭からすっぽりと被れるものを選びましょう。

後悔することになるので、なるべく安いものは避け、高級な寝袋を購入することをオススメします。
それとありったけの毛布を持参することをオススメします。
05071515_5369cf8d9de7e
出典:http://keihin-premium.com/

冬キャンプ対策4.就寝にあたって

マミータイプの寝袋で寝るときに、しっかりとフードを被り、紐を絞って鼻が見えるぐらいにするとよく眠れます。
更に、首筋を暖めるためにマフラーをし、靴下も履きます。シャツはズボンの中に入れて寝たほうがより暖かいでしょう。

なるべくテントの中心に寝ることを心がけ、荷物をテントの四方に置いて冷気をシャットアウトします。
007-125184-i04
出典:http://shop.vic2.jp/

まとめ

冬キャンプが好きになるか嫌いになるかは、夜の寒さ対策がしっかり出来たかどうかが
分かれ道となります。対策が甘ければ、せっかく冬キャンプデビューを果たしたにも関わらず、「あんな苦行のようなものには二度と行かない!」となりかねません。
寒空で食べる温かい食べ物。心身を暖める癒しの焚火。澄んだ空気の先に広がる満天の星空。
冬キャンプにしかない新しい発見と代えがたい経験はきっとあなたを待ち侘びていることでしょう。この冬、しっかりと準備を整えて冬キャンプに臨んでみてはいかがでしょうか。

DORY_20130216_7368_nd
出典:http://www.nicolasdory.com/

サバイバル必至!これだけは覚えておきたい冬キャンプにおける夜の寒さ対策へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。