更新日2015/08/03 この記事は約 2 分で読めます。

血糖値を抑制するポリフェノールが含まれているインゲンマメの育て方

ポリフェノール

インゲンマメはつるなし種がおすすめ

インゲンにはつるあり種とつるなし種があります。つるなし種は草丈がコンパクトで栽培期間も短いため初心者向きです。
つるあり種はつるが高く伸びるため、支柱が必要ですが、すこしずつ長期間収穫できます。

インゲン3 (1024x768)

インゲンマメの育て方のポイント

土壌を選ばないインゲンマメ

水はけのよい土ならどこでもつくれますが、マメ類をつくった場所は2~3年は避けましょう。連作は不可です。
鉢や箱にタネをまいて苗を育て、畑に植え付けることもできますが、畑や庭に直まきするほうが簡単で失敗がありません。
春まきが一般的ですが、温暖なところでは8月まきで10~11月上旬の収穫も可能です。

インゲン (800x800)

インゲンマメのタネまき

幅50cmほどの畝に株間30センチの一列まきをします。深さ3cmほどの穴をあけ、1か所に3~4粒まいて1cmほど土をかけます。
インゲンのタネは小さなマメ状のものですので、鳥に狙われやすいです。不織布を浮きがけして鳥害防止をしましょう。

つるなし種は、タネまき後1カ月半~2カ月くらいで実がなってすぐに終わってしまうので、10日ほどずらして数回に分けてタネをまきましょう。つるあり種は早めに支柱を立てて誘引します。つるの上部に実がつき、支柱を高くするととりにくくなりますので、支柱は低い位置で交差させて斜めに寝かせます。

インゲンマメの追肥と土寄せ

花が咲き始めたころにぼかし肥料を追肥します。つるなし種は栽培期間が短いのでこの1回だけで十分です。
つるあり種は収穫の始めごろにもう一度追肥します。

土寄せは畝の外側から軽く耕し、中央に土を寄せます。両側とも同様に行いましょう。

インゲン5 (800x600)

インゲンマメの収穫

実の膨らみがわずかに見えてきたころが収穫適期です。サヤの中のマメが太らないうちに収穫するのがポイントです。
サヤのつけ根からハサミで切り取りましょう。早くできたものから順に摘み取ります。
あまり長くならせておくと、サヤが固くなり株も弱ってしまいますので注意が必要です。

インゲン2

インゲンマメの注意したい病害虫

被害を受けやすい害虫は、アブラムシとハダニです。アブラムシはウイルス病を伝幡するので要注意です。
ハダニがつくと葉が白っぽくなってしまいます。
両害虫とも早めに対処するよう心がけましょう。

インゲンマメの栄養価

インゲンマメは低脂肪、高タンパクの優れた野菜です。
また、血糖値を抑制するポリフェノールが含まれているので、血糖値が高い方にもおすすめです。

血糖値を抑制するポリフェノールが含まれているインゲンマメの育て方へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。