更新日2015/07/31 この記事は約 2 分で読めます。

家庭菜園で無農薬栽培する!コンパニオンプランツを利用して上手に野菜づくり

農薬に頼らないコンパニオンプランツ

コンパニオプランツというのは米国で生まれた言葉で、植物どうしが互いによい影響をもって関係しあうときの、その植物どうしのことを示します。共栄植物と訳されています。
一方向的な病害虫回避を目的とした組み合わせの場合も、コンパニオンプランツと呼ばれます。
コンパニオンプランツの栽培は、畝間に育てる間作や、同じ畝内に育てる混作、隣合わせにくっつけて植える混植などがあります。

コンパニオン2 (1024x768)

コンパニオンプランツの代表的な組み合わせ

ネギでキュウリのつる割病を防ぐ

ネギとキュウリを一緒に植えておくと、キュウリに枯れたりしおれたりする土壌病害が出にくくなることが知られています。
ネギの根の表面に生息している微生物が作り出す物質が、キュウリの根の病気であるつる割病などの原因となる病原菌を抑えるためです。
このばいい、互いの根からの排泄物を利用することで、互いに生育を促進させています。

ニラでナス科の土壌病害を防ぐ

同じネギ属のニラにも同じような力があり、トマト、ナスなどのナス科の野菜の萎ちょう病などの土壌病害回避に役立ちます。
この場合、ニラはトマトの生育中は日陰になり、あまり生育が促進されるとはいえません。しかし、栽培者にとってよい組み合わせということでコンパニオンプランツと言われています。

コンパニオン3 (1024x768)

ネギやニラは近くに植える

ネギやニラの場合は、根に繁殖する微生物が作り出す物質が土壌病害を抑制するので、混植して根菌を一致させることが必要です。
浅いところに根が広がるキュウリ、スイカなどのウリ科野菜には、浅根性の長ネギが適します。深いところに根を伸ばすトマトやナスなどのナス科の野菜には、ニラが向いています。
植えつけ時には双方の根が接するようにするのがポイントです。

様々なコンパニオプランツの組み合わせ

他にも、葉ネギがホウレンソウの萎ちょう病に、長ネギがイチゴの萎黄病に効果があることが知られています。
コンパニオンプランツは畑や栽培環境の影響を受けるため、自身の畑で組み合わせを確認するのが一番確かです。
組み合わせの選び方は、吸収する養分が多い作物と少ない作物、深く根を張る作物と浅い作物、草丈の高い作物と低い作物などの生態的な特徴や、養分の好みが異なる作物、発生する病害虫の種類が異なる作物などを考慮しましょう。

コンパニオン

まとめ

家庭菜園ではなるべく無農薬で野菜を育てたいものです。
でも、無農薬で育てていると、どうしても病害虫に悩まされひどいときには野菜の生育に影響をきたしてしまいます。
それぞれの野菜の特性を生かし、上手にコンパニオンプランツを利用することで、農薬の使用を減らし、安全で安心な野菜づくりを手助けしてくれます。病害虫の心配だけでなく、それぞれの野菜の生育が良好になることで人工的な肥料も減らすことができ、植物本来の力を発揮することでしょう。ぜひ、コンパニオンプランツを取り入れてみたいものですね。

家庭菜園で無農薬栽培する!コンパニオンプランツを利用して上手に野菜づくりへコメントをする

※メールアドレスは公開されません。