更新日2016/09/26 この記事は約 3 分で読めます。

ブラシの素材・種類の特徴【まとめ】自分に合ったブラシを選ぼう!

ブラシ

ヘアスタイルを整え、頭皮の血行を良くし顔のむくみも取れ、ホコリなどの汚れを取り除くことができる「ブラッシング」

ブラッシングに欠かせないのが、ヘアブラシですが、どのようなブラシを
使っていますか?

ブラシと言っても種類が豊富で、どれを使用したらよいか迷ってしまいますね。

ブラシの素材と種類の特徴をまとめましたので、ブラシ選びの参考にして下さいね。

ブラシの素材と特徴

マイナスイオン

動物の毛で作られたブラシ(豚毛・イノシシ毛)

◎ 自然なツヤを与える効果に優れている
◎ 頭皮を傷めず、目が詰まっているので汚れをとる力は抜群

× 雑菌やホコリがたまりやすく手入れが大変

ナイロン製、ポリエチレン製ブラシ

◎ 軽くて扱いやすく、持ち運びにも便利
◎ 水洗いでき清潔。手入れが楽

× 静電気が起きやすい(ポリエチレン製の方が静電気が起こりにくい)

木製ブラシ

◎ 静電気が起きにくい
◎ 頭皮を傷つけずに、ほどよい刺激を与えることができるので、薄毛対策にオススメ

× 値段が高め

セシオン製ブラシ

◎ マイナスイオンを放出する効果があり、キューティクルを整える
◎ 静電気が起きにくい

× マイナスイオンと聞くと良さげな印象を受けるが、科学的には実証されておらず効果
  がしっかり出るかどうかは不明

金属製ブラシ

◎ 静電気が起きにくい 

× 頭皮を傷つけやすく、刺激を与えすぎてしまうことがある

ブラシの種類と特徴

チェック

スケルトンブラシ

目が粗いので、摩擦が起きにくく静電気もほとんど発生しません。ブローブラシとしても使用できます。
手ぐし間隔で使用できるので、パーマヘア、巻き髪を整える時、ふんわりとさせたい時に便利。

ダメージヘア、髪質が細くてからまりやすい人にオススメ!

クッションブラシ

弾力性があるので、髪にも頭皮にもやさしく、髪にツヤを出し、頭皮マッサージの効果も期待できます。

万能なので、1本はあると便利!

獣毛のクッションブラシは目が細かく、汚れやほこり、フケを除去しやすいのでシャンプー前のブラッシングにオススメ!

パドルブラシ

ヘッド部分が大きいパドルブラシは、頭皮マッサージ効果の高いブラシとして注目されています。

もちろん普通のブラシとしても利用できますが、特に抜け毛、薄毛対策に効果的で、使い心地も評判のブラシです。

世界中で人気のブラシ

世界累計売上2,000万個突破したタングルティーザーの携帯用のカバー付きヘアケアブラシ。

絡んでもつれた髪をスムーズに解きほぐすことができるので、細くて絡みやすい子どもの髪の毛にもオススメ。

ブロー用ブラシ

ドライヤー

ブローの際に使用するブラシにも、獣毛のブラシ、ナイロン・ポリエチレン製のブラシがあります。

髪の毛が太く多い人には、静電気が起きにくく、ツヤが出る獣毛のブラシがオススメ。

整髪料を付けた後に使うブラシは、洗いやすいナイロン・ポリエチレン製のブラシや、スケルトンブラシがオススメです。

デンマンブラシ

美容師さんがブローによく使用するデンマンブラシ。

髪を立ち上げたり、ボリュームダウンさせながらブローする時に便利です。

髪の毛が太く多い人向け。

不器用な人には、デンマンストレートブラシがオススメ!

ストレートアイロンと同じように髪の毛を挟んでブローできるようになっています。

ロールブラシ

棒の周り360℃にブラシが生えているロールブラシは、髪のくせやうねりを伸ばしたり、カールを作る時に使用します。

太いロールブラシは、ロングヘアに。
中くらいのロールブラシは、ミィディアムヘアの人、前髪に。
細いロールブラシは、ショートヘアの人、カールを付けたい時に。

気になったブラシはありましたか?

お気に入りのブラシで毎日ブラッシングして、キレイな頭皮と髪を
手にいれちゃいましょう♡

ブラシの素材・種類の特徴【まとめ】自分に合ったブラシを選ぼう!へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。