更新日2017/04/28 この記事は約 2 分で読めます。

将来子どもにかかる学費!どのように貯めていく?親に求められる資質とは?

節約

子どもが生まれたら、必ず直面するのが学費です。

お金がなくて進学させられない、ということは絶対避けたいこと。

どのように貯金するのがベストなのでしょうか?

学費を用意する上で大切なこと

目標額と貯める時期

学費で一番大きいのは、大学進学の学費です。

その過程の進路によって違ってきます。

高校まで公立 ⇒ 大学進学

目標額:300万円~500万円

貯める時期:中学卒業まで

高校から私立 ⇒ 大学進学

目標額:500万円~700万円

貯める時期:中学卒業まで

中学から私立 ⇒ 大学進学

目標額:750万円

貯める時期:小学校4年生まで

節約

いつから貯め始めるのがベスト?

学費の準備は、もちろん早ければ早いほど、後々楽になります。

「細く長く」の理論で、子どもが生まれたと同時に始めていくべきものです。

自分に合った学費貯金を選びましょう。

タイプ別積立法

口座振替で確実に

お勧めなのは自動積立定期。

毎月一定の日に、一定額の定期預金、定期貯金に振り替えることで積み立てていく方法です。

出来れば、給料日の翌日に振込設定をすると、確実に貯めていきやすいです。

給料から天引きで手を付けにくい

お勧めなのは一般財形、住宅財形。

職場にこの制度があればそれを利用しない手はありません。

給料からの天引きなので、確実ですし、申込み、解約の時期が限られることで手を付けにくいのがいいですね。

節約

子ども名義の口座に貯めていく

お勧めなのは定期預金、定期積金、積立貯金。

子ども名義の口座を作って、毎月一定の金額をそこへ貯金する方法。

児童手当金や、親戚からのお祝い金なども、ここに預けてると分かり易いです。

子ども名義ですから、どんなことがあっても手を出さない、という意識付けにもなります。

保険料として貯めていく

お勧めなのはこども保険、学資保険。

保険料という形で、毎月一定の日に口座から引き落とされれば、納得して貯めて行かれます。

こども保険などは途中解約すると、不利なことが多いですから、その手には乗らなくなります。

保険一本ではなく、積立との二本立てが無難です。

自分で使いやすいもの

お勧めなのはネット定期、宝くじ付き定期、個人向け国債。

ボーナスシーズンなどを利用して、金利キャンペーンをしている時に預けることで、有利に運びます。

まとまった資金を預けるにもいい方法だと言えます。

どの方法にも共通した注意点はコレ!

とにかく、貯金するのをさぼらないこと。

使い込まないこと。

これが大前提です。

途中でどうしても続けていけなくならないように、どの方法なら長く続けられるか。

我が家なりの方法をよく考えて学費を積み立てていきましょう。

まとめ

子どもにはその子に適した進路を用意してあげること、これは親としての務めだと思います。

子どもが希望を描いた進路に、お金の都合で進ませてあげられないことだけは、親としてしてはならないことだと思います。

そのためにも、早いうちから学費を貯金していきましょう。

将来子どもにかかる学費!どのように貯めていく?親に求められる資質とは?へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。