更新日2014/07/15 この記事は約 2 分で読めます。

仕事の効率が変わる!座ったままで今すぐ治せる肩こり改善・予防法


多くの人が悩まされる“肩こり”。

特にデスクワークをする方や主婦の方は切りたくとも切れない縁なのではないでしょうか?

そこで、本記事では肩こりを改善する方法、また肩こりを予防する方法をお教えします。

肩周りをスッキリさせて気分も爽快!

あなたは今までとは違う世界を目の当たりに出来るかもしれません。

肩こり改善法

今回は、座ったままで出来る効果絶大な方法をお教えします。

肩こり体操その1

1. 椅子に浅く座り両手を後ろに持って行きます。

2. 両手をつなぎ胸は前方向に、組んだ手は後ろ方向にぐぐぐーっと引っ張り合います。

1呼吸1セットとして5セットやりましょう。
その際、背筋は伸ばし、前に倒れないようにしてくださいね。

肩こり体操その2

1. 同じく背筋はまっすぐにし、右手は右の肩、左手は左の肩をそれぞれ掴みます。

2. その状態で肘で大きな円を描くようにゆっくり回します。

3. 10回まわしたら次は逆回し。

これだけです。

とっても簡単!

いかがでしたか?
肩周りに血流が流れたようにポカポカしてきませんか?

この体操を気が向いたときに小まめにやるだけで劇的に改善されますよ。
どうぞお試しください。

肩こり予防法

肩こりは肩甲骨まわりの筋肉を長時間使わないことで
筋肉が伸びきってしまい凝りを発生させてしまいます。

つまり、肩こりを予防するには肩甲骨まわりをよく動かすことが
肩こりの予防につながります。

ストレッチ法
1. 両手で拳を作り、肩の高さまで持ってきます。

2. その拳を腕をひねりながら上へ伸ばします。

3. 伸ばした手を今度は元の位置にひねりながら戻します。

上に伸ばすときは早く、元の位置に戻すときはゆっくりを心掛けましょう。
呼吸を忘れずリラックスして行いましょう。

5回ほど行えばOKです。

肩こりを予防する食べ物
肩こりは血液の流れが悪くなることから起こります。
ですから、血流を良くすれば肩こりの予防が出来るのです。

血液の流れを良くする栄養素としてビタミンEが挙げられます。
カボチャや豆乳なんかが効果的とも言われていますよ。

ぜひ積極的にビタミンEを摂って肩こりを予防しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。肩こりの辛さは頭を悩ませますよね。
この記事で紹介した予防法と改善法を駆使して、肩こりに別れを告げましょう。

みなさんの肩が楽になることをお祈りします。

仕事の効率が変わる!座ったままで今すぐ治せる肩こり改善・予防法へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。