更新日2017/04/25 この記事は約 3 分で読めます。

お金が貯まる仕組み大公開!これであなたも貯金上手に!

節約

節約

貯金を成功させるには、いくつかの方法がありますが、お勧めしたいのが「先取り貯金」です。

先取り貯金とはどんな方法なのでしょうか?

そして、どうやって貯金を成功させるのでしょうか?

先取り貯金のやり方

先取り貯金とは、毎月一定の金額を貯金することです。

お給料が振り込まれた段階で、まず一定の金額を貯金して、残ったお金で1ヵ月生活することが、先取り貯金のやり方。

先取り貯金という考え方

毎月一定の金額を貯金するなんてキツクない?

ただでさえギリギリなのに!

という方に180度考え方を変えてみませんか?

例えば、20万円のお給料で、月2万円先取り貯金をする場合は、もともと18万円しかお給料をもらってないんだ。

という考え方を持てば、月2万円の存在が安定します。

節約

先取り貯金のメリット

毎月、余ったお金を貯めることより、毎月、お給料が入ったらすぐに一定の貯金をすることで、自信を持てることです。

自分との闘いですから、弱い自分がいたら、先取り貯金に手を出してしまう場合もあるかもしれません。

そんな時、先取り貯金が1ヵ月そのままだったら、自分にも出来る、という自信が持てます。

お金を余らすというのは、結構ハードルが高いものです。

貯金が出来ない月が出てくると、なあなあになって結局はお金は貯まりません。

先取り貯金のおススメ方法

一年で貯めたいお金 ÷ 12

といった計算式で、1ヵ月の貯金金額を決めると、一番取り組みやすいです。

ボーナスなども上手く取り入れることで、目標金額も夢じゃありません。

先取り貯金は一番負担のない貯め方

住宅ローンの話しをしてみると、住宅ローンは毎月一定の金額を返す方法と、毎月の負担を少なくして年2回のボーナスでの返済を大きな金額にするという方法があります。

ですが、ボーナスってちゃんと保証されるでしょうか?

家持ちの友人などに聞くと、住宅ローンの返済にボーナス払いは設定していない、という人が多かったです。

ですから、先取り貯金でも、毎月ちょっとキツイけれど、一定の貯金をすることの方が、ボーナスに頼るよりも賢いと思います。

やり繰り上手に

お給料からあらかじめ差し引くことで、1ヵ月に使えるお金が明確になります。

そのお金の範囲内で、何とか回さなくてはなりません。

それには、食費や光熱費の見直しをして、工夫していくことが大事です。

節約

やってはいけないこと

毎月の積み立てのお金には、絶対手を付けてはいけません。

それをしたら、今までの全ての努力台無しになりますし、そこは強い意志を持つことが必要です。

先取り専用口座を作る

先取り貯金専用の口座を作るという手があります。

ここまで徹底しないと、何かと理由をつけて、お金に手を出してしまうような真似は出来ないと思います。

まとめ

賢く、堅実にお金を貯めるには、先取り貯金はとても現実的で、かつ、夢のある貯金法だと思います。

毎月の5千円でも、1万円でもいいんです。

それが大きな金額になっていく過程は、きっと自分自身の自信と、やる気に繋がります。

お金が貯まる仕組み大公開!これであなたも貯金上手に!へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。