更新日2014/06/12 この記事は約 4 分で読めます。

PCの画面をキャプチャ(録画)できるフリーソフトと、YouTubeへのアップロード方法

はじめに

PCに表示されている画像を撮る機能をもったソフトのことをキャプチャソフトといいますが、お金をかけなくても入手することはできます。
いわゆるフリーソフトを使うわけです。

 

フリーのキャプチャソフト

検索サイトで「フリーソフト/キャプチャ/動画」などとして探せば、いろいろなフリーソフトのダウンロードサイトが見つかります。
「AG-デスクトップレコーダー」「Srecorder」となどはシンプルで初心者向きのものもありますが、今回は「CamStudio」というフリーソフトをダウンロードしてみましょう。

 

「CamStudio」をダウンロードしてみましょう

インストールサイト
「CamStudio」はCamStudio.orgが製作した海外のフリーソフトです。
ですので、全編英語表記になっています。
これをダウンロードしたあとに日本語化のパッチ(補助プログラム)を加える作業を行います。
ダウンロードは(通常盤)の方を行います。
このボタンをクリックすると、海外のダウンロードサイトにとびます。

いろいろ英文が並んでいますが、スクロールしてこのようなダウンロードのボタンを探します。
上の「LatestVersion」のほうが最新版なので、こちらをクリックします。

インストールボタン

「ファイル保存」に関するアラートが出ますが、保存を押してダウンロードを始めます。

インストール時注意

通常ですと、ライブラリーのなかのダウンロードフォルダにセットアップのファイルが生成されますので、これをダブルクリックしてインストールします。
インストール時に他のソフトのインストールについて聞いてくるので、それらは「Decline」をクリックして入れずに進んでください。

インストール時1

インストール時2

インストールが終了すると、初期設定画面が表示されますがこの時点ではまだ英語表記になっています。
これらを日本語で表記できるようにします。

CamStudio初期画面

日本語化するパッチを供給しているサイトにとび、ダウンロードします。
このパッチを当てる際の注意としては、「CamStudio」本体を必ず落としてからインストールしてください。

日本語化サイト

圧縮ファイルとしてダウンロードされますので、それを開きインストールします。
その際、「差分」を適用するフォルダを聞いてきますので、CamStudioをインストールしたフォルダを必ず指定します。

差分表記

このパッチを当てると、メニュー表記が日本語になります。

CamStudio日本語化初期画面

 

「CamStudio」を使ってみましょう

まずはメニューの「領域」からキャプチャする範囲を選びます。
プルダウンになっていて以下が選べます。
選んだらチェックマークがつきます。
「領域」…マウスでドラックした範囲
「範囲を限定」…キャプチャ枠サイズをあらかじめ指定しておく
「ウインドウ」…任意のウインドウもしくはその中のオブジェクト
「全画面」…デスクトップ全体
「画面を選択」…選択した画面?
今回の最新版では「画面の選択」が追加されています。
ただし、使い方自体がいまいち不明ですし、上記の4つでたいていは足りるのでとりあえずはこれにチェックは入れない方がいいかもしれません。

ここでは「領域」を使ってみます。
「領域」にチェックマークが入っていることを確認したら、「」ボタンをクリックします。
すると、ポインタが変わりますので、それでキャプチャしたい範囲をドラッグして囲みます。

CamStudio画面

白い『』で囲まれた範囲内をソフトがキャプチャします。
終了させたいときは「」をクリックします。
すると、データの保存名を聞いてきます。
ファイル名の「*」部分を保存名に打ち替え保存をクリックします。
通常、データはライブラリーの中に生成された「My ComStudio Video」フォルダ内に保存されます。

CamStudio保存フォルダ

なお、このCamStudioは3種類の形式(AVI/MP4/SWF)で動画を保存できます。
保存形式の変更は、ツールバー上の形式変更ボタンをクリックして変更します(1度クリックするたびに右上の表示がAVI→SWF→MP4と変わっていきます)。

メニューボタン

基本はAVI方式になっていますが、状況に応じて他の形式に変えていきます。
ただし、MP4については、日本語表記が化けていますので注意してください。

 

YouTubeへのアップロード

撮ったデータはYouTubeにアップロードできます。
アップロードする際には、アカウントをとっておくことが必要なので事前に取得しておいてください。
ここでは、既に取得済みということで進めていきます。

YouTube1

他のソフトの場合と同じく、右上のアップロードをクリックし、公開したいファイルを選びます。

CamStudio-YouTube2

アップロードが始まり、処理が終わると「完了」ボタンをクリックするように指示がでますので、それに従います。

CamStudio-YouTube3

動画が収められているURLが表示されます。
クリックして内容を確認します。

CamStudio-YouTube3

希望通りのものがアップロードされていたら完了です。

CamStudio-YouTube5

 

おわりに

フリーソフトでもPC画面のキャプチャは十分行えることがおわかりいただけたかと思います。
この「CamStudio」は他にもいろいろな機能が備わっていますので試してみながら覚えていくのがよいと思います。
YouTubeへのアップロードも問題なく行えますので、十分に活用してみてください。

PCの画面をキャプチャ(録画)できるフリーソフトと、YouTubeへのアップロード方法へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。