更新日2018/07/17 この記事は約 6 分で読めます。

パソコンの消えてしまったデータ。自分で復元できる?復元ソフトのメリット・デメリット。

突然起こるパソコンのトラブルや故障。

ハードディスク(HDD)が故障した場合のデータ復元は、特殊なツール・技術を持った専門家であるパソコン修理の専門業者の力が必要になりますが、ハードディスク(HDD)、SDカード、ごみ箱などから誤って削除してしまったデータを復元することは自力でも可能です。

自力でパソコンのデータを復元する方法

自力でパソコンの消えてしまったデータを復元しようと思った時に便利なツールが「データ復元ソフト」です。

とはいえ、ネット上にはデータ復元ソフトが数多く存在していますし、無料版と有料版もあり、どのデータ復元ソフトを使用したらよいのかと、途方に暮れてしまう人も多いのではないでしょうか。

消えてしまったデータが復元できるのならと、片っ端から試したくなってしまいますが、データ復元ソフトにも使用する際の注意点や、デメリットがあります。

まずは、パソコンのデータを誤って削除してしまった場合、取ってしまいがちなNG行為を確認しておきましょう。

自分でパソコンのデータの復元・復旧をするならココに注意!

誤った操作でパソコンのデータを削除してしまった場合、頭が真っ白になってしまいますね。

焦る余り、あれこれ試しているうちに、本来なら復元可能だったデータが復元不可能になってしまうことがあるので、注意が必要です。

実はこの時には、データの存在が見えなくてもパソコン内部にはデータがまだ存在している状態なんです。

ここで慌てて、次のような作業を行うと、パソコン内部に残っていたデータに新しい情報が上書きされ完全に消去されてしまいます。

二度と復元できなくなってしまうので注意が必要です。

【パソコンのデータを誤って削除してしまった場合のNG行為】

  • ファイル名を変更
  • ファイルの新規作成や削除
  • データの移動

トラブルが起きているパソコンは使用を控えることで復元率UP!

トラブルが起きているパソコンは、作業をすればするほどどんどん症状が悪化していきますから、使用し続けることで復元・復旧できるハズのデータも復元できなくなってしまいます。

代用できるパソコンをお持ちの人は、トラブルが起きているパソコンの使用をやめ、代用できるパソコンと外部記憶装置(USBメモリなど)を使用してソフトをダウンロードして、データを復元・復旧したいパソコンで起動するようにしましょう。

パソコンのデータを復元できる復元ソフトのメリット・デメリット

パソコンのデータを復元できる復元ソフトのメリット

【復元ソフトのメリット】

  • 業者に依頼するよりも安く早く復元できる
  • おかしいなと感じたときにすぐに対処できる
  • 一度ソフトを購入すれば何度でも使える
  • ハードディスク(HDD)に入っているデータを他人に見られずにすむ

パソコン修理の専門業者にハードディスク(HDD)の復元を依頼した場合、障害の程度にもよりますが3~6万円かかります。

しかし、データ復元ソフトは、フリーソフトであれば「無料」ですし、市販の製品を購入する場合でも1~2万円程度で購入することができます。

特に業者のスタッフに、データを見られたくない人にとっては、復元ソフトは有り難いツールであるのは確かですが、もちろんデメリットも存在します。

パソコンのデータを復元できる復元ソフトのデメリット

【復元ソフトのデメリット】

  • 復元ソフトによって復元精度や操作性に大きな差がある
  • ウイルス感染や、ハードディスク(HDD)本体が故障している場合は、データ復元はできない
  • 残っているデータも消えてしまう可能性がある

ウイルス感染や、ハードディスク(HDD)本体が故障している場合や、故障寸前であった場合は、復元ソフトを使用してもデータを復元できないどころか、さらに症状を悪化させ、最悪の場合、データを破壊してしまう可能性があります。

こうなってしまうと、特殊なツール・技術を持った専門家であるパソコン修理の専門業者の力でもデータ復元は不可能になってしまいますので十分注意が必要です。

復元ソフトは、手軽で便利である一方、データ復元ソフトを使える状態なのかを判断し、パソコンの症状に合わせて使い分ける詳しい知識が必要になりますので、正しい知識を持つ人のみ、自己責任で利用するのが望ましいです。

パソコンそのものや、ソフトウェアの操作に熟知していない人、絶対に失いたくないデータを安全に復元したい人は、復元ソフトを試すより、パソコン修理の専門業者や、HDD復旧業者の利用をオススメします。

パソコンのデータを復元・復旧できるソフト

パソコンのデータを復元・復旧できるソフトには「無料版」と「有料版」の2種類があります。

無料版(フリー)復元ソフトのメリット・デメリット

【メリット】

  • 無料で利用できる

【デメリット】

  • 信頼できる復元ソフトかどうかの見極めが難しい
  • ソフトによってはデータの復元・復旧できる容量の上限がある

できるならお金をかけずに無料でデータが復元できれば・・・と考えてしまいますが、無料版はデータの復元・復旧能力が低かったり、使いづらいソフトも多く存在していますので注意が必要です。

有料版(フリー)復元ソフトのメリット・デメリット

【メリット】

  • 体験版で購入する前にデータの復元・復旧ができるか確認できる
  • データを復元・復旧する際の容量制限がない
  • ハズレが少ない
  • サポート体制が整っている

【デメリット】

  • お金がかかる

有料版のデータ復元ソフトには、無料で試すことができる「体験版」があるものが存在します。

いきなりデータ復元ソフトの有料版を購入して復元できなかったら・・・という不安がある人は試してみるとよいですよ。

ただ、データ復元ソフトの「体験版」は、スキャンするだけで何時間もかかるケースがあります。

やっとスキャンが終わって、「よし!復元しよう」と思っても、復元するためには先に有料版の購入が必要になり、購入後に再びスキャンしなければならないため二度手間になることも覚えておきましょう。

パソコンの大切なデータを守るために・・・


パソコンの大切なデータが突然消失しても慌てないためには、日頃からバックアップを取っておくことです。

自力でデータ復元ソフトを使用したり、パソコンの修理業者に依頼することで、ある程度復元・復旧できるケースもありますが、手間と時間がかかりますよね。

いちいちバックアップを取る作業が面倒だという人もいるかと思いますが、ファイルを定期的に自動バックアップするバックアップソフトも存在するので使ってみてはいかがでしょうか。

パソコンのデータを守る「バックアップソフト」とは?

操作ミスだけでなく、パソコンの故障、ハードディスク(HDD)の故障やウイルス被害などでも起こってしまうデータの消失や破損。

こういったトラブルに備えて、外付けハードディスクやUSBメモリなどの記憶装置にデータの内容を複製し、データの予備を取っておくことを「バックアップ」といい、バックアップを手助けしてくれるツールが「バックアップソフト」です。

バックアップソフトには、無料版と有料版がありますが、最低限のバックアップだけなら、無料版でも十分です。

有料版のバックアップソフトでは、自動バックアップの設定をカスタマイズできたり、バックアップにセキュリティをかけられたりと機能が豊富なうえ、操作性に優れており、サポートもしっかりしているので安心です。

パソコンの消えてしまったデータ。自分で復元できる?復元ソフトのメリット・デメリット。へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください