更新日2015/08/06 この記事は約 2 分で読めます。

ワンランク上の写真を撮るのに押さえておくべき事

最近一気に普及してきた、デジタル一眼レフカメラ。
価格も手頃で、機種も多彩で、購入する人も増えてきました。

プロが持つような大きい一眼レフカメラだけでなく、アマチュア向けの、コンパクトな一眼レフカメラも多く、所有している人も多いんではないでしょうか?

しかし、その機能を使いこなせている人は少なく、少しもったいない気がします。基本的にはオートモードでシャッターを押せば写真は写ります。

でも、それではデジタル一眼レフの意味がありません。
せっかくもっているなら、もう一つ上の写真を撮る事を目指してみませんか?

ワンランク上の写真を撮るのに押さえておくべき事

一眼レフカメラ

まずは、どういう写真が撮りたいか?これに限ります。
目に見えている様に撮りたいのか?それとも、ボケを活かして撮りたいのか?

そういったイメージを持つ事が大事です。
見えている様に移したいのであれば、まずは設定で、ホワイトバランスをいじってみましょう。

これは基本中の基本です。

ホワイトバランスとは、簡単に言ってしまえば、白を白として写すことです。
光には、色温度というものがあります。

例えば、日中、外で白いものを撮った時と、室内で黄色味がかった光の元で白いものを撮った時では色が違います。

これを適切な色に設定するのが、ホワイトバランスです。
晴れている日に外で、目に見えている様に写したいのであれば、設定を太陽光にしましょう。

太陽のマークが大抵のカメラにはあります。
そうする事によって、色が正しく映し出されます。

一眼レフカメラ

次に、室内で黄色みがかったライトの元で撮る場合には、設定を電球マークにしましょう。
黄色味が少し取れて自然な色合いになります。

写した写真が、なんだか色がおかしいな?と思う時はこのホワイトバランスを設定する。
これを試してみてください。これだけでもかなり写真の質は変わってきます。

また、このホワイトバランスを変える事によって、今までとはひと味違った写真を撮る事も出来ます。

太陽光の下で、ホワイトバランスの設定を電球マークにしたり、日陰マークにしたり、蛍光灯マークにしたりとする事によって、見ている風景とは少し違った色合いの写真が撮れます。

まずは色々と設定をいじって、撮影してみることです。
そう知る事によって、ワンランク上の写真が撮れる様になるのです。

ちなみに、色々いじって、変な設定になり、戻せなくなるのが怖いという人が多い様ですが、オート撮影にすれば今まで通りに撮影できますし、設定をリセットすれば、出荷時の状態に戻るので大丈夫です。

何事も触ってみる事が上達の近道です。

ワンランク上の写真を撮るのに押さえておくべき事へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。