更新日2017/04/26 この記事は約 3 分で読めます。

初心者でもOK!「節約」と「ささやかな投資」の始め方の簡単テク、教えます!

節約

「投資するなんてお金がないから無理。」
という方が多いようですが、そういう方にこそ、節約投資がお勧めです。

節約してみると、意外と簡単にお金は捻出することが出来るのです。

節約投資の始め方

毎月いくら使っているのか把握する

家計簿をつけいてれば、一目瞭然ですが、家計簿をつけることが面倒臭い人もいます。

ですが、どういう形にしても、毎月、何にいくら使っているかを可視化することで、無駄使いしているのは何なのか分かってきます。

習慣化している無駄使い

・ATMの手数料

・酒、タバコ

・コンビニ依存症

など、使わなくていいことに、お金を使っていませんか?

食費

お昼も夜も外食か買ってきたお弁当、という方もいるかと思います。

一人暮らしですと、どうしてもそれらに頼りがちになりますが、なるべく自炊をするように意識チェンジしましょう。

外食、お弁当だけで1日1.000円~2.000円は使ってしまっている計算になります。

それって、かなり節約できるお金だと思います。

投資資金の作り方

節約出来ることが何なのか分かったら、月にいくらくらいの余裕が出来るかが分かってきます。

余ったお金は 投資4 : 貯金6 の割合で、貯めていくことが一番バランスが取れます。

少額から始める投資

「投資」というと、どうしても大きなお金が動くものだと思っていませんか?

今は、「毎月分散化」という投資方法があるんです。

毎月500円からでも投資が出来ちゃうんです。

そういうものを利用して増やす方法があることを知りましょう。

お給料は最初に貯金、投資に回す

「お給料が余ったら、貯金と投資に回そう。」
といった考え方は改めましょう。

お給料をもらったら、まず初めに貯金と投資へ回すお金を確保します。

分散型投資に場合は、自動的に口座から引き落とされる手続きを。

貯金は別の口座を作っておくといいですよ。

節約テクニック

使う分だけ持ち歩く

自分が月にいくら使って、1日に使うパターンも分かってきたら、その日使う分だけのお金を持ち歩きましょう。

余分なお金は持ち歩かないのが鉄則。

もちろん、クレジットカードやキャッシュカードは持ち歩くの禁止です。

節約

用途別にお金を管理

口座を3つ作ります。

・収入のある口座

・支払いのための口座

・貯金のための口座

それから余ったお金を今月分の生活費にするワケです。

節約

我慢だけが節約ではない

窮屈に管理し過ぎないことが大事です。

月にきちんと決めた予算でやり繰りできたら、そのご褒美に外食するとか、楽しいことも組み込みましょう。

節約投資の心構え

お得情報をキャッチする

節約投資に慣れていくと、どこでどうやって無駄をなくすことが出来るか、という思考になってきます。

お得情報に敏感になることで、節約に活かせます。

今でしたら、

・ふるさと納税

・SIMカード

・電気、ガスの自由化

などがあります。

お金が貯まるのは楽しいこと

上手く運用が行われている投資家さんは、お金を貯めることに楽しみを見出せます。

それが、今後のポテンシャルにも繋がります。

少額の投資であれ、貯金であっても、一年後を想像すると楽しみではないですか?

まとめ

節約して投資を増やす、貯金を増やす。

これをライフスタイルに無理なく組み込まれることが出来れば、投資や貯金が生き甲斐になってきます。

楽しく節約して、楽しく投資、貯金が出来るのが理想です。

初心者でもOK!「節約」と「ささやかな投資」の始め方の簡単テク、教えます!へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。