更新日2017/04/18 この記事は約 3 分で読めます。

主婦の知恵!節約に成功した人が教える!簡単節約テクニック!

節約

節約

節約は何も構えてするものではありません。

生活の中の範囲内で一工夫するだけで、いつの間にか節約出来てた!なんてことがあるんです。

そんな節約テクニックをご紹介します。

主婦の知恵!節約テクニック!

基本

何にいくら使っているのか、お金の流れを明確にしておくことが、何よりもベースにあることをお忘れなく。

まず、家計簿をつけることから始めましょう。
スマホのアプリを使うのもいいですよ。

ちょっと話しはそれますが、ダイエットでも毎日の体重のグラフをつけるだけで、昨日は甘い物を食べ過ぎた、などと反省して、もっと気を付けようと思いますよね。

それと、家計簿は同じです。
目で見て、ここに使いすぎていると、気付くこと、意識することが基本です。

固定費

住宅、車、光熱費、通信費。

毎月、必ずかかる固定費の見直しから始めましょう。

特に、保険だったり通信費は無駄がいっぱい隠されています。

節約

食費

食費を節約する上で大事なことは、食材を使い切るということです。

そして、無駄な食材は買わないこと。
おススメなのは、1週間分をまとめて買うことです。

限られた食材を上手く利用して、食費の節約をしていきましょう。

節約レシピなどを参考にするといいですね。

美容費

クローゼットを見てみましょう。

何が多いか、似たようなものはないか?
そう思って見てみると、クローゼットはゴミの山と言ってもいいかもしれません。

極論を言えば、自分が着まわせる3着から5着程度を残して、あとは捨ててもいいと思いますよ。

毎日使う化粧品は、自分に合ったものを選びましょう。
ローションを塗って、スキンミルクを塗って、乳液、美容液、とそんなに必要でしょうか?

今は、オールインワンでもいい商品がたくさん出ていますので、検討してみて下さい。

医療費

医療費は、通院時の交通費、市販の薬、保険適用のマッサージ代なども含まれます。
必ず、領収書とメモを取っておきましょう。

何故かと言いますと、家族全員の医療費が、1年で10万円以上かかったら、医療費控除の対象になって、確定申告をすれば還付されるんです。

こういったものは賢く使いたいですよね。

子育て

子育てには想像以上のお金がかかります。

教育費がかかるのは当然ですが、年齢によってはゲームだったり、大きくなればオシャレをしたくて、洋服代などもかかることでしょう。

また、学校に入れは部活があって、その準備費などにもお金はかかります。

小さい頃から、何でも買い与えていると、大人になってもそれが当たり前だと思ってしまいます。

お金というシビアな問題は、子どもが小さいうちから教育していきましょう。

節約

レジャー

普段ちょこちょこ出かける習慣がついている場合は、なるべくその周期をあけてみましょう。

いつも大きい公園に行っている場合、車で行く必要があると、駐車場料金がバカになりません。

近くの歩いていける公園でも十分です。
たまに、大きい公園へ行って、気分転換することは、もちろんおススメですよ。

また、お弁当や水筒を持って行って、外食するのをやめる習慣も作りましょう。

より質のいい節約をするために

小さな節約でなくて大きな節約を

例えば、遠くのスーパーまで10円の節約のために行くのなら、いつものスーパーへ行く回数を減らす方が、現実的です。

トータルコストを安く抑えるのが、主婦の腕の見せ所です。

安物買いの銭失い、と言いますよね。

安い物を買って、すぐにダメにするより、一ついい物を買って、ずーっと長く使い続ける方が利口です。

節約がストレスにならないように

節約のために、暑いのを我慢してクーラーを付けない。
などの極端な節約は、逆にNGです。

節約を意識し過ぎても、それがストレスになってしまえば、それは後で爆発して、却って使ってしまうハメになるかもしれません。

節約は楽しんでやりましょう。

マイホームを持つなどの、目標を持つことで、家族一体になって、楽しみながら節約することが健全ですね。

お得に騙されない

お得 = 節約
と思っていたら大間違いです。

お得だからと、要らないのに買ってしまうパターンは、節約とは言えません。

本当に必要なものが、割引されていたら、それがお得です。

まとめ

身近なものを改めるだけで、だいぶ、節約に近付けることがお解りになりましたか?

節約が苦にならないように、あくまでも楽しみながら、節約ライフを送りましょう。

主婦の知恵!節約に成功した人が教える!簡単節約テクニック!へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。