更新日2015/10/21 この記事は約 2 分で読めます。

無呼吸症候群の疑いが!?学力低下、朝起きられないうちの子に注意!

え?

「無呼吸症候群」という言葉、最近よく聞きませんか?
「無呼吸症候群」といえば、「いびきをかくメタボなおじさんの病気」というイメージがあります。

ところが!

子供にも「無呼吸症候群」があるというのです。
一体どういうことなんでしょう?

そもそも「睡眠時無呼吸症候群」とは?

定義は「睡眠中、10秒以上の呼吸停止または浅い呼吸が1時間あたり5回以上あること」です。
子供の場合は、10秒以上の呼吸停止が1回でもあれば無呼吸症候群の疑いがあるとのこと。

睡眠時無呼吸症候群でどんな不都合が起きてくるか?

睡眠

「呼吸が止まる」ということは、その間「酸素の供給がされなくなる」ということです。
子供の「睡眠時無呼吸症候群」の場合は、下記のようなことが起きてきます。

  1. おねしょ
  2. 低身長・低体重
  3. 集中力が散漫で落ち着きがなく、怒りっぽい、学業成績が低迷
  4. 睡眠時の成長ホルモン分泌量が少ない
  5. 血中の酸素濃度(SPO2)が低くなる

睡眠の時間は、壊れた細胞を修復し、大事なホルモンが分泌される「体のメンテナンス」の時間です。

その大事な時間に酸素の供給が絶たれる時間があるというのは、大いなる問題です。

「寝ているのに『良い睡眠』ができない」のが、無呼吸症候群の最大のデメリットです。

すると、下記のような悪循環が生じます。

朝起きられない→起きてもボーっとしている→授業中もボーっとしている

顎の小さい子供が増えている?!

やわらかい食べ物

やわらかい食事が増え、そのためあごの成長が促されず(あごは噛むことによって成長します)、子供のあごは全体の骨格まで小さくなってきているとのこと。
そのことにより、鼻の空気の通り道が細く、無呼吸症候群にまでなっているケースもあるそうです。

そんな子供が増えてきたので骨格全体を広げようというのが「顎(あご)」と「顔面(がくめん)」を矯正、広げようという
「顎顔面(がくがんめん)矯正」です。
具体的には、上あごを広げます。

顎顔面(がくがんめん)矯正をやったらどうなるのか?

上あごを拡大すると「鼻閉(びへい)」が改善されます。

そもそも「鼻閉(びへい)」って何でしょう?
「鼻腔通気度計」というものがあり、鼻の穴経由の空気の量が測れます。
その機械を使って数値を測定し、鼻の穴の空気の通る量を測ると「鼻閉(びへい)」かどうかがわかります。

2015年4月30日の読売新聞に、子どもの無呼吸症候群が改善すると「頭も良くなる、成績がよくなる」とありました。

子供のときの矯正は、歯にしても額顔面にしても、こどもたちが老年になったときの財産に必ずやなるのです。
気になる症状、思い当たるフシがある場合は、相談することをお勧めします。

参考サイト

子どもの睡眠時無呼吸症候群…心身発達に重大な影響
顎顔面口腔育成研究会

無呼吸症候群の疑いが!?学力低下、朝起きられないうちの子に注意!へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。