更新日2017/04/26 この記事は約 3 分で読めます。

会員は本当に得なのか?!節約の強い味方「コストコ」完全攻略術!

節約

初めてコストコの存在を知った時、あまりのスケールの大きさにびっくりしました。

主婦にとってコストコは一つのデパートと言っても過言ではありません。

コストコの特徴

何と言ってもコストコは安い、ということ。

そして、まとめ買いには打ってつけの、商品販売の最低ロットが大きいのが特徴です。

一つの食品がセットパックになっていますので、お得感もあります。

コストコでの買い物は、ワクワクドキドキ楽しいもので、家族で行ってもテーマパークのような満足感が得られます。

ですが、ついつい「これも安い!これもお得!」

と手が出てしまい、買う予定でなかった商品まで購入してしまう、コストコマジックにかかってしまうこともあります。

コストコは安くて高品質が売りになっています。

コストコ会員

コストコに行くには会員にならなければいけません。

ゴールドスター(個人)⇒ 4.752円

ビジネス(法人)⇒ 4.158円

ビジネス追加会員 ⇒ 3.780円

節約

AMEXのクレジットカードがお得

コストコは基本まとめ買いに向いていますので、その分、出費も多くなります。

現金で払うのもいいですが、時間とお金の節約に関して言うなら、AMEXのクレジットカードを使うのがお勧めです。

実はコストコではクレジットカードはAMEXしか使えないんです。

これを機にAMEXのクレジットカードを作るなら、セゾンパート・アメリカン・エクスプレス・カードを作ることをお勧めします。

年に1回でも使用すれば、年会費は無料になるんですよ。

コストコ2大保障

商品保障

商品が気に入らなければ全額返金してもらえます。

年会費保障

有効期限内であれば、いつでも年会費を全額返金してもらえます。

コストコの裏技

年会費を支払わず入店する方法

コストコの会員カード1枚で、2名までの非会員と同伴出来ます。

無料で1枚作れる家族カードでも同様に、2名までの非会員と同伴出来ます。

18歳未満のお子様の場合は、何人でも入店OKです。

つまり、本人(正会員)1名 + 家族(家族会員)1名 + 非会員の同伴者4名 = 合計6名まで入店

という仕組みになっています。

節約

コストコプリペイドカード

コストコプリペイドカードは、チャージ機能付きの電子マネーです。

コストコ会員のみ店内で購入することが出来ます。

非会員者が使う場合は、コストコの商品表示価格から更に5%の追加料金の支払いが必要です。

コストコ商品券

ワンデーパス(1日会員)として利用可能となります。

非会員者が使用する場合は、コストコの商品表示価格から更に5%の追加料金の支払いが必要です。

コストコ商品券は店内でも発売されています。

5.000円と10.000円とありますので、誰かにプレゼントしても喜ばれそうですね。

まとめ

コストコをお得に満喫するなら、やはり会員になっていた方がいいと思います。

ただ、1年に数回しか行かない場合は、会員の年会費は結構大きい金額ですから、工夫してコストコに入店する方法もあります。

どちらにせよ、コストコを上手く取り入れて、買い物上手になる必要がありそうですね。

会員は本当に得なのか?!節約の強い味方「コストコ」完全攻略術!へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。