更新日2018/08/04 この記事は約 5 分で読めます。

スマホの水没。データが復元できるかどうかは故障後の対処の仕方が大事!

スマホの故障の原因で多いのが、水没です。

水没というと、トイレに落としてしまった、飲み物をこぼしてしまった、雨で濡れてしまった、洗濯機で洗ってしまった、プールや川、海で写真を取っていて落としてしまったなどが思い浮かぶと思いますが、実は意外なものが原因なケースもあります。

それは「汗」や「湿気」です。

手汗や、高温多湿のポケットに長時間入れておくことで、スマホが水没したような状態になり壊れてしまうケースもあるのです。

水没したスマホのデータが復元できるかどうかは、水没後の対処の仕方にかかっています。

少しでもデータの復元率が上がるよう、水没したときの応急処置と、絶対にやってはいけないことを覚えておきましょう。

スマホを水没させてしまった時にやってはいけないこと

水没させたスマホの電源は入れてはダメ!

水没させてしまったら、電源が入るか確かめたくなる気持ちはわかりますが、電源を入れてはいけません。

水で濡れているところに電気が通ったらショートして完全に壊れてしまい、データ復元どころではなくなってしまうからです。

水から引き上げたときに電源が入っていた場合は、スリープボタンを長押しして速やかに電源をオフにします。

水没させたスマホをドライヤーで乾かしてはダメ!

できるだけ早く乾かした方がいいだろうと、ドライやーで乾かす人がいますが、逆効果です。

スマホは精密機器です。

ドライヤーの温風でスマホが熱くなって、回路が故障する原因になりますし、風を当てることで、水がスマホの奥深くに入り込み症状が悪化してしまいます。

スマホを水没させてしまった時にやるべきこと

水没させたスマホの水分を拭き取る

電源をオフにしたら、カバー、SDカード、SIMカード、電池パックを外して水分を拭き取ります。

重要な基盤がショートしてしまう可能性があるので、なるべくスマホを振ったり傾けたりしないように気を付けながら、イヤホン端子やDOCK端子の奥も、綿棒などを使って水分をしっかり拭き取ります。

応急処置したら、携帯ショップへ相談に行くことをオススメしますが、もうショップが開いていない時間だったり、すぐには行けない時もありますよね。

そのような時は、次のようにして保管しておきましょう。

水没させたスマホを乾燥させる

いくら丁寧に水分を拭き取っても、スマホの内部にはまだ水分が残っている状態です。

スマホの内部の水分を吸収するために、密閉容器(ジップロックなど)に、水没したスマホと「シリカゲル」を入れて放置します。

「シリカゲル」とは、お菓子や海苔などの乾物の袋に入っている乾燥剤のことです。家の中を探してみると意外にたくさん見つかるものです。

乾燥剤が無い場合には、ホームセンターや薬局でも手に入りますよ。

天日干しでも上手くいく場合があるようです。

ただ気温が高い日は、スマホが熱くなって故障の原因になるので注意してくださいね。

水没させたスマホ。しっかり乾燥させた後は?

もし電源が入るようなら、まず最初にやるべきことはデータのバックアップです。

水没してしまった場合、復活したように思えてもその後、使えなくなる場合があるためです。

電源が入らない場合や、電源が入っても操作ができないような場合には、修理が必要になります。

水没したスマホ。データを取り戻すには?

水没したスマホは、正しく素早い応急処置で復活することもありますが、電源が入らなかったり、画面操作ができない場合は、携帯ショップや専門のデータ復元業者に修理に出すしかありません。

水没したスマホは、携帯ショップと専門のデータ復元業者のどちらに修理に出せばいいのでしょうか。

水没したスマホを携帯ショップに修理に出すと・・・

水没したスマホを携帯ショップに修理に出すと、スマホのデータは初期化されてしまいます。

水没したスマホは直りますが、スマホ内のデータは復元してもらえないのです。

水没したスマホを専門のデータ復元業者に修理に出すと・・・

水没したスマホのデータを少しでも復旧・復元したいのであれば、専門のデータ復元業者に依頼するのが正解です。

アドレス帳やメールの履歴、思い出の写真や動画、お気に入りの音楽など、全てではありませんが、データの復元が可能です。

ただ、水没後のスマホの対処を間違えてしまうなどして症状を悪化させてしまうと、いくら専門のデータ復元業者とはいえ、データの復元率が下がってしまいます。

水没したスマホ。データ復元アプリやデータ復元ソフトではダメなの?

間違って消してしまったスマホのデータなら復元可能です

誤操作でうっかり大事なデータを削除してしまった・・・というような場合なら、スマホ本体が故障したわけではないので、データ復元アプリやデータ復元ソフトを使用して、自力でのデータ復元も可能です。

ただ、削除してしまったデータは「上書きOK」の状態になってスマホ内部に残っているだけなので、電源を入れたり操作をするうちに、どんどん新しいデータに上書きされていってしまいます。

上書きされてしまったら最後、専門のデータ復元業者でも復元は不可能です。

「復元できたらラッキー♪」というようなデータであれば、復元アプリやデータ復元ソフトを使用するのもオススメですが、どうしても復元したい大事なデータであれば、自分で復元するのは諦め、専門のデータ復元業者に依頼する方が確実です。

水没して故障してしまったスマホのデータは復元できません

水没させてしまったことによって、内部のパーツが破損してしまったような場合は、専門の知識が技術が必要になるため、自力でのデータ復元は難しいです。

スマホのデータ復元業者選びは慎重に。

専門のデータ復元業者であれば、水没して故障してしまったスマホから、大切なデータを取り戻すことが可能です。

しかし、電源を入れたり、操作をすればするほど、データの復元率は下がってしまいますから、スマホを水没させてしまった場合は、スマホの電源をすぐに落とすことが大切です。

スマホのデータ復元料金は、業者によって大きく差があります。

少しでも安く復元したい気持ちはわかりますが、料金だけでデータ復元業者を選ぶのは危険です。

スマホは個人情報の宝庫です。データを抜き取られて悪用される可能性もありますから、スマホのデータ復元業者選びは慎重にしてくださいね。

今後は、大事なデータは小まめにバックアップをしておきましょう。

スマホの水没。データが復元できるかどうかは故障後の対処の仕方が大事!へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください