更新日2015/07/31 この記事は約 2 分で読めます。

今こそ積極的に入れてみよう!文章を書くときに、やるといいこと5選

納得させる「文章力」

人様の文章で、時折とても魅力的な、引き込まれる文章にお目にかかることはありませんか?
「どうして、あんなにうまい言い回しが出来るんだろう?」
「思わず納得してしまった・・・。」

そんな経験、誰しも何度かあると思います。

どうしたらそんな文章をかけるのか?

そんな文章にするための「ポイント」があるのです。
そんな「ポイント」をお伝えします。

文章を書くときに「やるといいこと」を知ってどうなったか?

「やるといいこと」を念頭に置いて書いた文章を、上司に「わかりやすい」と褒めてもらえました。

やるといいこと5選

OK!

1.目に浮かぶように書く

「ああ、あの時のあの事だ」
言われてみれば、確かに目に浮かぶような文章、あります。
自分の体験談に近いようなアプローチをされれば、あの日あの時の光景が目に浮かびます。
他人と思いを共有することは、かなり難しいことです。
ハードル高いかもしれません。
でも、ぜひ目標にしましょう。

2.具体的なエピソードから書く

そもそも相手の知らない話を書こうとするときに、いきなり抽象的なことから語られたら、どう思います?
まったくピンとこないと思います。
具体的なエピソード、実体験や例え話、人から聞いた話、世間で言われている話。

読んでいる人の「あるある!」を掘り起こして、興味をつかめればこっちのものです。

3.感動を押し付けない。読み手に感じてもらう

押されまくりの営業って、引いちゃいます。
文章も同じことです。
自分と相手とは同じ理解度でないことを、今一度認識しましょう。

4.強調は少なく

「本当に」「絶対」など、強調する単語がいっぱい出てくる文章、どう思いますか?

この単語が出てきた時点で胡散(うさん)臭さを感じます。
あまりにも売りたい気持ちが前に出て、熱く語りすぎるのは、逆効果です。

夜中のテレビ通販番組を思い出してみてください。
納得いきませんか?

5.期待を裏切らない

水戸黄門ではありませんが、期待した通りのストーリーが描かれるのは
気持ちが良いものです。
逆接でなはなく、順接できましょう!

「やらないと良いこと」の典型は?

役所の文章です。
読んでいても、最初の何回かは字面を目で追っているだけで「内容がぜんぜん頭に入ってこない!」と思いませんか?
「理解できない!」ということありませんか?
私の場合、毎年、年末調整や確定申告の書類を見て「わからない!」と頭を抱えます。
どうしてこうも不親切な文章が書けるのだろう?と、変に感心してしまします。

政治家さんの文章も同じです。
「その四字熟語、いつ学校で習うの?」と思うような難しい単語や、周りくどい語尾の言い回し。
良い文章の「真逆」を突っ走ってます。

あくまでも読む側の立場の文章を心がけたいものです。

参考にした本

参考にさせていただいた本をご紹介します。
文章力の基本

今こそ積極的に入れてみよう!文章を書くときに、やるといいこと5選へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。