更新日2015/07/31 この記事は約 2 分で読めます。

タイトルから学んだいくつかの大切なこと【完全保存版】

なやましい

プレスリリースでも、メルマガでも、ウェブニュースでも、
内容を読む読まないを決めるのは、タイトルです。

しかし、このタイトル、なかなか難しい!
文章は書けたけど「これ!」といったタイトルが思い浮かばない・・ということ、ありませんか?

参考になるサイトはないかとググってみるも、これ!というサイトがないので、
なかなか決着がつかない。

そんな中で、参考になったものをお伝えします。

タイトル付けの秘策を知って

出しては修正の繰り返しだったタイトルが、クライアントさんに一発OKをもらえました!

タイトル付けの秘策大公開!

なるほど!

1.「その記事を1行で伝えて下さい」「その記事を○字以内で伝えて下さい」
と言われたと仮定して、タイトル付けをする

例えばFAXDM、メールのDMなど売りたいもののお知らせも、これが当てはまると思います。
相手とやりとりする文章ではない
行ったきリの文章、ワンウェイ・一方通行の文章のタイトルの場合、本当に重要になります。

タイトルで、ほぼ伝えきることも重要です。
言いたいことをタイトルにしましょう。

2.ブラウザのタグに表示される文字を意識する

今、この記事をパソコンで見ているは、ブラウザの上部を見てください。
タグがあります。
そこに入る文字、重要です。
第一印象の最前線ではないでしょうか?

ちなみに、Google Chromeは11文字でした。

3.気をつけるポイント

本の編集者のブログを見て「なるほど!」と思いました。
「良いタイトル」「悪いタイトル」というのは、
「売れた=良い」「売れなかった=悪い」と、実は後付なんじゃないか?という話です。

でも、そんなこと言われたら一体何を参考にしていいかわからない!

でも、安心して下さい。
ラッキーなことに、気をつけるポイントについては、記載がありました。

1:フックになるキーワードが入っている
2:覚えやすい
3:ポジティブ感かメリットが入っている
4:新鮮さ
5:暗唱したときのハマり方

自力だけでなく他力も使ってみる

もう、頭の中がまっ白だ。
そんなときは、こんなお役立ちツールもあります。
キーワードを入れると、勝手にキャッチーなタイトルを作ってくれるサイトです。

メガトリ

出てきたものをそのまま使うもよし、出てきたものからインスピレーションを得てアレンジするもよし。
自分の使い勝手にあわせて使ってましょう。

参考サイト

参考にさせていただいたサイトをご紹介します。
売れる本のタイトルで考えるべき5つのポイント【良いタイトルかどうかは考えなくていい】

タイトルから学んだいくつかの大切なこと【完全保存版】へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。