更新日2017/05/08 この記事は約 3 分で読めます。

「どうすればいいの?」新入社員歓迎会で名前を覚えてもらう自己紹介の方法

社会人として出発した新入社員がこれから会社で活躍していこうとする時、周囲の人たちから自分の名前や顔を早く覚えてもらうことは今後の仕事に大きく影響します。

会社内で新入社員歓迎会があると、必ず自己紹介を求められます。その時、単純に名前を名乗るだけではみんなの印象に残りません。今後、社外の取引先との懇親会や顧客との名刺交換にも役立つように、自己紹介のちょっとした工夫を解説してみたいと思います。

新入社員歓迎会で名前を覚えてもらう方法

1.新入社員歓迎会でのPR方法


新入社員歓迎会は、会社の新しい仲間として上司はもとより職場の人たちから期待をもって開催されます。また、一緒に入った同期が何人かいるとすぐ比べられたりもします。

そんな時、新入社員歓迎会は自分の存在をみんなにアピールできる絶好の機会なのです。最初に自己紹介を求められますが、「今年入った新入社員の〇〇は、他の者とちょっと違うな~!」と思ってもらえるように、まずは名前を覚えてもらうためのコツを紹介します。

それは、自分の「名前に関連のある事柄」を交えて名乗ることをおススメします。これは、次に会った時に、「あ、確か〇〇さんといえば、こんな自己紹介していたよね!」という会話のきっかけになるのです。

2.相手の印象にとどめる名前の紹介方法


では、「名前に関連のある事柄」とはいったい何でしょうか。具体的な事例で紹介していきましょう。

1.姓・名前を同じ有名人、芸能人に関連付ける
「姓は〇〇と申します。最近名前の売れているタレントの〇〇さんと同じ苗字です。」
2.珍しい名前をあえて強調する
「姓は虎田で、よく珍しいと言われます。由来は・・・だったらしいです。」
3.読みにくい、読み方が間違われやすい点を紹介
「名前は〇〇です。よく△△と間違われるのですが、〇〇なのでよろしくお願いします。」
4.出身県や地域にからめて紹介
「名前は〇〇です。出身の△△にはよくある名前です。」
5.同姓、同名の人を探しておく
「姓は〇〇で、同じ部門に同姓の方が一人いらっしゃると聞いております。」

3.歓迎会などの酒席はさらに工夫を


歓迎会にお酒はつきものです。堅苦しさをやめて砕けた表現で紹介するのも方法です。

1.「芸能人の〇〇さんと苗字は一緒ですが、顔はご覧の通り似ていません。」
2.「タレントの〇〇さんと名前が一緒で顔も似ていると言われます。」(本当は似ていない!)
3.「名前が〇〇なので、学生時代は略して△△と呼ばれていました。」

自己紹介が終わると、先輩たちの席を順番にお酒を注ぎながらT挨拶に回りますが、この時も自己紹介と同じ台詞で「さきほど自己紹介させていただいた新入社員の〇〇です!」と、相手に名前を刷り込んでいきます。

「何度も言わなくていいよ。」と冗談が返ってきたり、「私も〇〇県出身なんだよ。」という反応をもらえたら大成功で、「覚えていただきありがとうございます!」とお礼を言ってさらに印象付けます。

そして最後に大事なことは、そうやって声を掛けてもらい距離が近づいた先輩社員の名前は絶対記憶しておき、翌日出会った時に「〇〇先輩、昨日の歓迎会はありがとうございました!」と声をかければ完成です。

<まとめ>

自分の名前を何かと関連付けて紹介することは、相手の名前への関心も強まり記憶しやすくなります。特に名刺交換した場合は、手元に残った名刺に、会った場所やその時の会話メモなどを書き込んでおくと必ず役に立ちます。

自分の名前のPRは、たかが社内の歓迎会と思わず工夫して実行していけば、今後取引先など社外の人たちとの交流でも必ず役立ちうまくビジネスが運ぶことに繋がりますので是非実行して下さい。

「どうすればいいの?」新入社員歓迎会で名前を覚えてもらう自己紹介の方法へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。