[掲載日] (更新日) この記事は約 2 分で読めます

なぜプレスリリースのタイトルを30字程度にしないといけないのか?

短さで勝負!?

プレスリリースの最大の難問は、タイトルです。
どんなにいい本文を書いても、タイトルが陳腐なものでは、本文まで読んでもらえません。

とはいっても、宣伝臭ムンムンのタイトルは、公式文章であるプレスリリースにはNGです。
コピーライティングの本を読んでも、宣伝臭いっぱいで、そのまま使えません。

「じゃあ、どうしたらいいの~~~!」

私もそう思いました。

では、コピーライティングの手法も使いつつ、実直なプレスリリースにも使えるものはないのか?

あります!

これを使いましょう!

無料スクール講座でWordpress・プログラミング・SEOを一緒に学習しませんか?

あなたに以下のことで 悩んでないだろうか?

  • 「フリーランスになりたいけど稼げるか不安だ」
  • 「クラウドソーシングや営業して稼げるか不安だ」
  • 「スマホはあるけどパソコンが古くて不安だ」
  • 「プログラミングを学習して副業したいけど不安だ」
  • 「副業をはじめたが、いっこうに成果がでない」
  • 「途中でついていけなくならないか不安だ」
  • 「在宅で稼げるようになりたい」

そんなお悩みのあなたにこそ学習して頂きたい内容です!

このメディアを運営しているWordpress・SEO・プログラミング相談のプロが
全て無料で相談と学習できるように
無料スクールのメルマガ講座を開設しました。

いまなら、5大特典プレゼント付きです。

コピーライティングの手法を知った上で
プレスリリース書き始めてどうなったか?

いつも、本文を書いて息切れして、プレスリリースのタイトルまで熟考できませんでしたが、
タイトルを吟味するようになりました。

究極の短文を目指す

パッと分かる

1.瞬時に読める

検索エンジンの検索結果一覧ページのタイトル名の表示可能文字数って知ってます?

Googleは全角30字、Yahoは全角32字です。

言いたいこと、いっぱいある中で、お客様価値を第一に、どれのキーワードが心奪うかを考えましょう。

2.理解されやすい

抽象的なことを書き連ねるより、具体的な「数字」が出てくると、想像するのに時間がかかりません。

「5秒で即決!」
とても惹かれるタイトルです。

実際、数字を織り交ぜたタイトルがいっぱいあります。
普段ウェブでも、新聞でも、テレビでも、タイトルを気にするようになると、良いヒント、もしくは「こりゃないよな」
と、どちらも自分のアンテナに引っかかるようになってきます。

3.記憶されやすい

反復するフレーズは、印象に残ります。
歌詞でもあります。
(例)「早い、早い」

また、「限定」などの一定の区切りのある言葉も有用です。
言われてみると「ああなるほど!」と思うのですが、言われてみないと気が付かない。
気が付かなかったことをがっかりする必要はありません。

「気付き」が大事なポイントです。

最初に「タイトルありき」のサービス開発の手法もあります

実物の伴う商品の開発は難しいかもしれませんが、
ウェブのサービスでは可能ではないでしょうか?

こんなサービスあったらいいな

こんなタイトルにしようかな?

サービスの詳細を詰める

こんな順番のサービス開発は、ありです!
サービス開発も、リリース方法も、こうなるといいなという青写真を描きながら進めると、仕事は楽しくなります!

参考サイト

参考にさせていただいたサイトをご紹介します。
話題のベストセラー「伝え方が9割」

タイトル・キャッチコピー作成に迷ったら

あのブロガーも使ってる?!メガヒットするブログのタイトルを簡単に作成する!
タイトルを書くのが苦手な人もプロ直伝のタイトルメーカーでバカ売れするキャッチコピーやタイトルがサクサク作れるよ!
バカ売れキャッチコピーを作成!プロ直伝のタイトルメーカー「メガトリ」