更新日2015/10/29 この記事は約 4 分で読めます。

「マインドマップ」のノート記法で、発想・アイデアを整理する方法

自分のベクトル

先日取材した先生のお話をウェブページを作る時のことです。

どういう風に見せたら、ファーストビュー・ぱっと見・一目で「全容」をわかってもらえるだろうか?

伝えたいことがいっぱいあるので、本当に悩みました。

そんなとき、取材に行った先生が書いてくれた「マインドマップ」を思い出しました。
実は「マインドマップ」ってそれまで知らなかったのです。

マインドマップって?

英国・ロンドン出身のビジネスコンサルタント、トニー・ブザン(Tony Buzan)氏が1970年代の初めに発案・提唱した「ノート記法」で
「発想を整理する」ツールです。
日本でも25年以上前から用いられており、マインドマップ講座もあるくらいです。

マインドマップのいいところ

スケジュール

マインドマップいいところ1:ぱっと見で全体がわかる

中心に主題をおいて、放射線状に書き連ねていくので、一目で全貌がわかるのです。
やってみるとわかるのですが、スイスイ書けるのです。

なぜか?
自分の頭の中に「モヤモヤ」しているアイデアが、実はいっぱいあるから。

往々にしてその「モヤモヤ」を、忙しさにかまけて放置しがちになるのですが、これをすると「モヤモヤ」がなくなるので気持ちも頭もすっきりします。
理路整然と最初から考えられる人はいません。

マインドマップは、人間の思考パターンとあっているのです。

マインドマップいいところ2:型がない=自由に発想できる

自分の頭の中にイメージがあっても、巨人軍にいた長島さんのように「こうやってパ~っとね!」といっても人には伝わりません。
人に伝えるためには「言葉」が必要です。
その「言葉」は、「口から発せられるもの」と、「文字として伝えるもの」と二通りに分かれます。
「口から発せられるもの」は、流れていってしまいますし、忘れてしまいます。
でも、マインドマップを使って「文字」として現した上で考えてくと「あ、そういえばアレもあった、コレもあった」と次々と発想が浮かんでくるのです。

なぜか?
フォーマットが自由だからです。
書き方に縛られないからです。
「可視化」されているからです。

マインドマップいいところ3:応用範囲が広い

仕事からプライベートまで、はっきりって何にでも使えます。

自分の頭の中にあるとこを、相手に理解してもらうために
自分の頭の中にあることを、自分が整理して理解するために、
まさに「自分の心=マインド」の「地図=マップ」になるのです。

旅行のプランニング、スケジュール管理は「魚の骨」を模した図などユニークな形であらわすこともできます。

マインドマップを書いてみよう

マインドマップに「正解」はありません。
自分の好きな色、形、言葉で進めていけばいいのです。
とにかくはじめることが大事です。

マインドマップは「右脳」と「左脳」の両方を使うようにデザインされています。
色や絵を使うことで創造脳(右脳)を、メモをとることで分析脳(左脳)を活性化します。

1.中心に「トピック」を書く

SEO対策

考える主題について真ん中に書きます。

2.メイントピックを囲むように「サブトピック」を書き込んでいく

SEO対策1

「あれをやればいい」
「そういえば、あれはどうするんだっけ?」
「あの人がこんなことを言っていたな」
どんどん書き込んでいってください。

とにかく自由なのです。
頭も自由に解き放ってあげることで、今までなかった発想が生まれてくること請け合いです!

関連ないけど、大事なことは「フローティング・サブトピック」

SEO対策2
トピックスに直接関係ない、ちょっと横道にそれちゃったけど大事!ということは、「フローティング・サブトピック」で書いておきます。
書き進めているうちに、点が線になることが結構あります。
点が線になれば、1+1=2ではなく、もっと大きくなることもあります。

マインドマップで可視化することの大事さ

可視化

やってみての感想です。

取材に行った先生に、形にした「マインドマップ」を見せたら大喜びしていただけました!
早速ウェブページに乗せることに決定しました。

プライベートのマインドマップなどは、つらつら書き連ねるのは、誰でもこっ恥ずかしいもの。
でも、こんなフォーマットがあったら「まあこれは無理かもしれないけど」と言い訳をつけてでも「アウトプット」できるのです。
頭で浮かんだことをそのままにしてフェードアウトさせるのは、もったいない。

「案ずるより産むが易し」です。
学生のときに「勉強が分かり始めて、楽しくてしょうがなかった」という経験をしたこともある人も多いと思います。
分かる事の快感を、グルーブ感を味わえる「手法」とも言えます。

まずは自分のプランニングからやってみると、優先順位がわかってきて、どういう風に時間とお金を使おうか?を考えるよう足がかりになります。
年の初めなどにやると、今年一年の計画を立てるときになどにぜひやってみてください。

もちろんビジネスでも、ブレスト・会議・予定計画などの場面でも役立つこと請け合いです。
5分で絶対に分かるマインドマップ
XMind
会議で使える「マインドマップ」使い方講座