[掲載日] ([更新日] ) この記事は約 2 分で読めます

WordPressを使うならやっぱりここ!申し込み件数No1のエックスサーバーを使ってみた!

前回はレンタルサーバーの中でも比較的初心者向けの
低料金な「ロリポップ」でのWordPressの導入方法を書きました。

今回は、WordPress利用者申し込み率No1のエックスサーバーでの
申し込みからWordPress設置方法までを書いてみたいと思います。

私の印象では、ロリポップよりは少々手間がかかりますが
機能は多岐に渡り、一度登録してしまえば
あとは便利に使えると感じました。

Ruby on Railsのプログラミングを最短1ヶ月で習得
RailsHack講座では13日間の無料期間(全額返金保証)で安心のスクールです。
WEBアプリケーションが実際に作成できます。
» RailsHack講座の13日間の無料体験(全額返金保証)はこちら

まずはエックスサーバーに登録しよう!

エックスサーバーのサイトにアクセスします。
必要事項を記入して登録完了メールが来るのを待ちます。

メールからアクセスして「インフォパネル」へログインします。

この時注意しなければならないのは
IDはメールアドレスでもOKなのですが
パスワードはメールに記載されているものを入力することです。

これがインフォパネル。

skitch

シンプルですね。

WordPressをインストールしよう!

先ほどのインフォパネルから「サーバーパネル」へ移動します。

skitch

ここで「自動インストール」をクリックします。

skitch

まだ、何もインストールされていない状態です。

ここから「プログラムのインストール」をクリックします。

skitch

ザザッといくつも、インストール可能なプログラムが並びます。

下から2番めがWordPressです。(’14・7現在)

さて、ここからは他のレンタルサーバーと同じで
WordPressの設定に入って行きます。

skitch

必要事項を記入しましょう。

確認してインストールです。

インストールが完了するとこのようなページが表示されます。
・・・が、記載されているURLをすぐにクリックしても
Not Found404エラーが・・・。

少々時間をおいてクリックしましょう。

skitch

これで、WordPressのインストール完了です。

WordPressにログインしてダッシュボードへ行くことが出来ます。

skitch

MySQLデータベース、MySQLユーザは自動で作成してくれます。

ここまで来たら、あとはどのレンタルサーバーでも同じですね。

エックスサーバーの良い所

無料と言うか、料金に組み込まれているコンテンツが多いことでしょうか?
下のスクリーンショットの通り
マルチ・サブドメイン共に無制限だったり
メールアカウントも無制限だったり。

あとはサポートの充実ですね。

FaQもプログラムごとのものが用意されていますし
初心者WordPress利用者には優しいと思います。

料金もこのサービス内容であれば良心的ですね。

10日間のお試し期間もあるので
一度利用してみてはいかがでしょうか?

Xserverの詳細はこちら

Xserverのおすすめは

コメントをする

メールアドレスは公開されませんのでご安心下さい。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください