更新日2015/07/31 この記事は約 2 分で読めます。

【図解】WordPressのcontact form 7プラグインはおすすめのメールフォーム!【超基本】

完了!

今や、ホームページ作成に欠かせないWordPressですが、
ホームページにを作る際に欠かせない機能、なんでしょうか?

ホームページを見て、興味を持ってもらった人からの問い合わせをもらうフォームです。
ホームページに自分のメールアドレスを表示すると、営業メールが山ほど来てうんざりということもあり、躊躇してしまいます。

ならば、メールフォームを設置しましょう!
WordPressに追加の機能をつけるは、「プラグイン」といいいます。

WordPressで使えるメールフォームの「プラグイン」をネットで調べると、いろいろあってどれにしようか迷いますが、WordPress初心者でもなんとか設定できて運用でいているメールフォームがあります。

それが Contact Form 7 です。

Contact Form 7をダウンロード

メールフォームの設置方法

1.プラグインをインストールする
プラグイン インストール

まずは、インストール。
目指すプラグインが決まっていれば、プラグイン名を入力してダウンロードします。

今回はContact Form 7 と入力して検索&ダウンロードすればOKです。

Contact Form 7をダウンロード

2.設定をする
プラグイン 設定

もう一度、左メニューのプラグインをクリックします。

設定をクリック後、お問い合わせフォームをクリックすると、実際の設定画面にたどり着ます。

3.コンタクトフォームの編集
コンタクトフォームの設定

実際にメールを飛ばしたいアドレスを入力します。

クライアントと自分という風に2つのメアドにメールを飛ばすという設定にも出来ます。

4.設定の保存&コードのコピー
ボタンありか

コンタクトフォームの編集の画面下部で、送って欲しいメールアドレスを入力し、保存します。(ボタンは上部にあります)

また、上部の「このコードをコピーして、投稿、ページ、またはテキストウィジェットの本文内にペーストしてください。」のコードをコピーします。

5.コードをペースト
コピペしました

メールフォームを表示させたいページに、ペーストしました。

6.表示を確認
完了!

このように表示されます。

★メールフォーム細かい設定はデフォルト(最初の設定)で基本的には問題ありません。
カスタマイズもできます。

注意点

WordPressの困ったところは、英語プラットフォームの為、説明が超直訳のどうにもわかりづらい日本語というところです。

そこは、読み解いてくれている諸先輩方々が、ブログ等で親切丁寧に解説してくださっているので検索しつつ、それと読み併せて制覇していく方法で、初心者でもなんとかプラグインをやっつけることができます。

プラグインの説明文を読み解くより、ネットに問うほうが全然問題は早く解決しますので、キーワードを入れて検索してさっさと手がかりを捕まえましょう。

Contact Form 7をダウンロード

【図解】WordPressのcontact form 7プラグインはおすすめのメールフォーム!【超基本】へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。