[掲載日] (更新日) この記事は約 1 分で読めます

Raspberry Pi:買ったものを接続してラズビアンをインストール Raspberry Piロボットその2

Raspberry Piで文系でもロボットが作れるか実験してみる:準備と買ったものリストその1の続きです。

今回は買ったものをRaspberry Piに接続して、OSラズビアンをインストールします。

無料スクール講座でWordpress・プログラミング・SEOを一緒に学習しませんか?

あなたに以下のことで 悩んでないだろうか?

  • 「フリーランスになりたいけど稼げるか不安だ」
  • 「クラウドソーシングや営業して稼げるか不安だ」
  • 「スマホはあるけどパソコンが古くて不安だ」
  • 「プログラミングを学習して副業したいけど不安だ」
  • 「副業をはじめたが、いっこうに成果がでない」
  • 「途中でついていけなくならないか不安だ」
  • 「在宅で稼げるようになりたい」

そんなお悩みのあなたにこそ学習して頂きたい内容です!

このメディアを運営しているWordpress・SEO・プログラミング相談のプロが
全て無料で相談と学習できるように
無料スクールのメルマガ講座を開設しました。

いまなら、5大特典プレゼント付きです。

RaspberryPi3とラズビアンのインストール

RaspberryPi3 本体とケース

RaspberryPi3
おもったよりしっかりしているケース。

microSDを挿入

RaspberryPi3 microSD
microSDは裏面の小さい部分にあるので気が付きにくいです。
今回は16GBを使います。

microSDのフォーマットSDFormatterv4

microSDを挿入する前にラズビアンOSを他のPCを使ってコピーしておきます。
この時高機能な解凍ソフトを使うとcabまで解凍して動かなくなってしまいますので zip程度が解凍できる標準ソフトで構いません。
SDFormatterv4でmicroSDをフォーマットします。
https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter_4/

バッテリーとHDMI

Raspberry Pi3 バッテリー
キーボード、マウス、HDMI、バッテリー、microSDを装備した状態です。

OSラズビアンをインストール

ラズビアン
OSをインストールします。
書籍通りで簡単にインストールまで完了しました。

Raspberry Pi の教科書


今使っている教科書になります。

ここまでは簡単に接続とインストールまで完了しました。
次回はLEDを点滅させたいと思います。